更年期障害に効果的な食品とは

毎日の食事から改善できるよ

更年期障害の情報

更年期障害に効果的な栄養素を食品から摂る

身体の不調は、もしかしたら「更年期障害では」と考えるのなら、毎日食べる食事で改善はできます。更年期というものは、女性を支える健康成分が体内で減ることで起こる症状で、それを補う栄養素を食品から摂ることにより更年期障害の対策となります。そしてその栄養素とは、大豆イソフラボンです。これは、別名植物性エストロゲンと言われるくらい女性ホルモンに似た働きをします。大豆とついているように、大豆製品から摂ることが可能です。その中でも、体内に取り込みやすいのが「きな粉」になります。毎日取りたいと願うなら、牛乳の代わりに豆乳を飲むと良いでしょう。他にも、大豆製品を意識して食べることが有効です。

更年期障害の症状は大きく3つに分かれます。
@ 自律神経失調症状・・・血管運動神経症状(のぼせ、顔面紅潮、冷え、発汗など)、睡眠障害、その他(動悸、めまい、頭痛、耳鳴りなど)
A 精神症状・・・抑うつ、不安感、意欲低下、精神不安定、記憶力減退など
B その他・・・運動器官障害(肩こり、関節痛、腰痛、筋肉痛など)、消化器症状(腹痛、食欲不振、悪心、吐き気、下痢など)、その他(疲れやすい、皮膚が痒い、口が渇くなど)
出典:不二製油株式会社(fujioil.co.jp)

大豆イソフラボンからエクオールは作り出される
女性の健康をサポートする働きが期待されるエクオールは、実は腸内細菌によって作り出される成分です。そのため、この成分を食品から直接摂ることは基本的に不可能なのです。
ただ体の中でエクオールを作り出すために、ある食品を食べると良いとされています。それは「大豆イソフラボン」と言われるもので、この成分が体内でエクオールを作り出すことに大きく関係しています。
大豆イソフラボンは主に大豆製品に含まれているので、こういった食品を普段から食べるように心がけていきましょう。また、サプリを利用する方法もあります。サプリなら直接エクオール成分を摂取することができるため、体内で上手く作り出せないという方にはおすすめです。

更年期障害の様々な症状を和らげてくれる作用をもたらしてくれる成分は、エクオールである。このことが、最近の研究でわかりました。その主原料は、大豆に含まれている「大豆イソフラボン」です。大豆製品といって思い浮かぶもの。それは、豆腐、納豆、おから、枝豆、もやしなどですね。この「大豆イソフラボン」を体内に摂取した時、あくまでもこの大豆イソフラボンを自らの力(ここ大事)で変換してできる栄養成分を「エクオール」と呼びます。
出典:わかるエクオール(konenki-sapuri.com)

エクオールサプリメントはおすすめ。試してみましょう。
女性の場合、年齢を重ねると更年期特有の症状が出てきます。のぼせや発汗などのことです。これは自分でコントロールする事が難しいものです。その対策としては、女性ホルモンを体内で活性化させる事で緩和されます。そこで、最近効果が高いと期待されているのがエクオールサプリメントなのです。
エクオールは、大豆製品を摂取した時に体内で作られる成分の事で、症状で悩む女性を支える働きをする事が分かっています。サプリメントはカプセル状になっている為、臭いも味も特になく誰でも飲みやすいというメリットがあります。
エクオールという成分は、通常食べ物からも摂取する事は不可能で、体内で作り出す為には特定の腸内細菌が必要であり、全ての人がこの菌を持っているわけではない為、実際には作り出すというのは難しいものです。ですから、効果的に摂取するならサプリメントがおすすめというわけなのです。