薄毛に悩む福岡県民のために治療方法やハゲる原因について

薄毛に悩む福岡県民のために治療に関するアドバイス
「シャンプー後の排水溝に溜まる抜け毛の量に怯えている」
「朝起きると枕に半端ない量の毛が抜け落ちている」
「髪の毛が痩せ細り、生え際や頭頂部が目立つようになった」
「親父も爺ちゃんもハゲだから、いずれ自分も同じ運命と諦めている」

このように少しずつ進行する薄毛の症状に悩まされる男性が世の中に増えていて、いつか自分の髪の毛が1本残らず抜け落ちてしまい、正真正銘のツルッパゲになるのではないかと心配になりハゲに脅える人がたくさんいらっしゃいます。
また、もう既に薄毛が進行してしまい、そのハゲ散らかった自分の容姿に落胆し、卑屈になってる人もいるかもしれません。
ハゲる原因の大半は遺伝が大きく関係するため、抜け毛に一生悩まされないフサフサな人生を送れる人が極稀にいますが、ほとんどの男性は20代から50代にかけて個人差がありますが、次第に髪の毛が薄くなる運命を辿ります。
そんな私も当然マジョリティ側で、30代に入って排水溝に溜まる抜け毛が気になりだしたひとりです。
そんなわけで今回のテーマは「薄毛治療」です。

私は30代に入ってからハゲ対策をはじめた福岡県在住の健一郎と申します。以後よろしくお願いします。
ここでは男性のハゲ問題について、その原因から対策方法まで私の体験談を交えながらまとめてご紹介します。
10年後、20年後の自分の髪の毛の量が気になる人や、薄くなった頭髪を諦めずに何とか復活させたい人など、抜け毛問題で悩まされる人達をターゲットに役立つ情報を発信していきます。
また、私は福岡県にある専門クリニックで治療を行いました。ですから、必然的にここでのおすすめ情報は、全て福岡県在住の方々に向けたお知らせとなりますので予めご了承ください。
抜け毛に悩む福岡県民のための応援サイトです。

抜け毛に悩むあなたを応援します

最近では、若年層の20代から若ハゲに悩まされる人が年々増加傾向にあり、成人男性の約34%がAGAなどの薄毛問題を抱えています。
健康体の髪の毛ならば、成長や退行などの周期を繰り返しながら髪の毛を育成させています。
男性の場合、20代中盤頃から少しずつ抜け毛の量が増えはじめ、年齢と共に薄毛が気になりだします。
では、抜け毛が増える具体的な原因とはいったい何でしょう。
それは持って生まれたDNAや生活習慣の乱れ、体内のホルモンバランスの変化が原因だったりします。
男女共に各々で薄毛の原因が異なるため、その治療方法も様々に違います。
ですから、まずは自分の薄毛の原因をしっかりと確認して、その上で効果的な治療方法を特定しましょう。
例えば、持って生まれたDNAが原因ならば、その場しのぎのような育毛剤や専門シャンプーでは全く意味がありません。専門医に相談して適切なアドバイスを仰ぐべきです。
薄毛に関しては、1分1秒でも早く治療した方が有効的です。ですから、自分の抜け毛の量に変化を感じたら、迷わず早いうちに治療をはじめましょう。

私は30代に入ってから福岡県の繁華街にある専門クリニックで診てもらいましたが、少し遅かったくらいでもう少し早く相談すれば良かったと後悔しました。
薄毛の改善は、どんな治療方法でも早いに越した事ありません。後悔先に立たずです。

では、薄毛治療は何科を受診すべきがご存知でしょうか?
専門クリニックはもちろんですが、一般的な病院でも受診できます。
一般的な病院の場合、内科か皮膚科で受診可能です。
頭皮に怪我や痒みや炎症など、何等かの症状を抱えている人は皮膚科で診てもらいましょう。
ただし、一般的な病院で治療を行う場合、どうしても薄毛治療に負い目を感じてしまうため周囲の目が気になります。
待合室では多くの病院利用者と一緒になりますし、受付や看護師さんの目も気になります。
これは個人の性格によって違いがありますが、ハゲで悩んで病院に通っているなんて他人に知られたくありませんよね。
ですから、周囲の目を気にする方は専門クリニックを選びましょう。
そこに通う人達はほとんど同じ目的を持つ同士ですので、気持ちが楽になり気軽に通えます。

具体的な治療薬は、内服薬と外用薬があります。
ここではプロペシアやザガーロ、ミノキシジルの3つをご紹介します。
これらは今最も主流とされる薬ですので、覚えておくと後に役立つと思います。

【プロペシア・ザガーロ】
内服薬としてプロペシアは、一番有名で育毛に欠かせない大切な有効な成分です。
薄毛の進行によってその効果は変化しますが、多くの臨床実験が行われた結果、育毛に確かな働きがあると認定されています。抜け毛予防にも最適です。
服用した際の副作用としては、眠気を誘うや頭痛、胃の不調など一般的な医薬品を飲んだ時と同様な症状が起こり得ます。
また、この成分は男性専用のお薬です。
女性が服用しても、効果は一切得られませんので注意してください。
ザガーロは、プロペシアよりも効果の持続力があり、その分高い働きが期待できる成分です。
副作用は主にプロペシアと同じですが、ザガーロの方が有効成分が多く含まれているため症状が強めに出るようです。

【ミノキシジル】
ミノキシジルには、内服薬と外用薬の2つのタイプがあります。
どちらも発毛効果が高く、頭皮の血行を促して育毛を促進させる薬です。
外用薬は、発毛させたいところに直接塗ってピンポイント活用ができます。
副作用としては、血圧低下やめまい、湿疹や痒みなどを感じたらアレルギー反応ですのでご使用を直ぐにお止めください。

外用薬よりも内服薬の方が有効成分を体内に摂り込むため、どうしても副作用が強く出る傾向にあります。
内服薬を服用する際は十分にお気をつけください。

抜け毛問題を早期解決するためにはクリニック選びが大切です。
私は福岡県の繁華街にある専門クリニックで受診しましたが、そこはサービスが行き届いたところでとても充実した空間でした。
福岡県には薄毛治療専門のクリニックや病院がたくさんありますが、それぞれで治療方法や費用に大きな差があります。
どこで診察を受けようかと迷う方がたくさんいらっしゃると思いますので、ここではクリニック選びについて参考情報をお知らせします。

私が福岡県の繁華街にある専門クリニックを選んだ理由のひとつは、ミノキシジルを処方してくれるかどうかでした。
プロペシアやザガーロは一般的な病院でも処方してくれますが、このミノキシジルは専門のところでしか処方してくれません。
事前にネットで調べて、ミノキシジルには発毛させる効果が期待できることを知っていたため、私は一般的な病院よりも専門のところを選びました。
また、薄毛に特化した専門知識を持つ医師に診てもらいたかったのも理由のひとつです。
専門クリニックで処方される薬に違いはほとんどありませんので、費用を比較して安いところを選ぶようにしましょう。効果が同じなら当然、お財布に優しいところを選ぶべきです。
福岡県にある薄毛治療専門のクリニックや病院では、ほとんどのところで無料カウンセリングを実施しています。
治療方法や費用に関する相談ができるため、できるだけ複数のクリニックでカウンセリングを受けましょう。
その際は、働く人達の雰囲気や院内の細かな設備などのチェックも忘れてはいけません。あとは通いやすさや清潔感があるところがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です